喜んでもらえる引き出物を選ぶ方法|相手が欲しいと思えるものを選ぶ

ギフトボックス

出産祝いなどのお返し

内祝い

内祝いは、お祝いなどをしてもらったお返しとして行います。ですから、お祝いよりも高い金額のものを返すことはありません。出産祝いであれば、のし紙などに名前を入れますが、スイーツに名入れをすることも可能です。

詳しくはこちら

その人だけのものになる

ボールペン

新しい生活を始める人に、名入れのボールペンを贈ると喜ばれます。無地のタイプであれば、いろいろなところに入れてもらうことができます。字体を選ぶことができる場合があり、贈る人に合わせて字体を選ぶと良いでしょう。

詳しくはこちら

目安の金額がある

ギフト

物とお菓子の組み合わせ

結婚式、披露宴を行うときには、出席してほしい人に連絡をします。そして出席の連絡をくれた人を対象に当日の準備を行います。料理の準備も必要になりますが、それ以外には引き出物の準備をしなければいけません。まず用意するのが物になります。引き出物メインになるので、少し高めのものを用意することがあります。食器類が多くなります。あまり重たくなると持って帰るのに困ることもあるので、適度の大きさのものを選びます。もの以外には、引菓子を用意します。一緒に渡すお菓子で、ケーキとは別に渡します。焼き菓子を渡すことが多いですが、数千円のセットのものを渡すことが多いです。縁起を担いで物を奇数にすることがあります。タオルや鰹節などをプラスすることもあります。結婚式に参列してくれた人に渡すのが引き出物です。友人や会社関係者、親戚なども多く参列してくれます。事前に来てくれる人はわかっていますから、あらかじめ準備をしておきます。まず一人当たりの金額を決めます。全国的には、引き出物の金額は6千円ぐらいとされています。ただし、地域によって差があり、北海道は2千円程度とかなり安くなります。北陸や東海地域は結婚式が豪華な分引き出物も高くなる傾向があります。1万円程度になることもあります。すべての人に同じものを贈ることもありますが、お世話になった人には高めのものを渡すこともあります。近い親戚の人であったり、恩師、会社関係などにもいるでしょう。それぞれの人に見合うものを選びます。

シーンに合わせて選ぶ

花とメッセージカード

電報はメッセージをプレゼントする方法として長らく使われています。後に残すことができる利点があります。お祝い事で送る時には、使ってはいけない言葉があるので、定型文などを参考にしながら作成すると良いかもしれません。

詳しくはこちら